JPFIAとは

代表理事 稲田信二

当協会は2013年に「生産者のための人工光型植物工場協議会」として発足。その後、日本における植物工場産業の市場拡大に伴い、2016年3月に「日本植物工場産業協会」へと改組し、7月より新体制にて活動を開始いたしました。

現在、世界的な人口増加や地球環境の変化などによる食料供給に対する将来への不安が高まり、国際社会では未来に繋がる持続可能な農業生産が求められています。

そのような中、今注目されているのが完全人工光型植物工場です。日本の植物工場技術力は世界においてトップクラスの実力を誇り、次世代を担う農業イノベーションとして海外から多くの期待が寄せられています。しかし、現状は個々に高い技術力を保有しているにも関わらず、事業化における技術連携が少ないため、その力を活かせていない事が大きな課題となっています。

日本植物工場産業協会は業界を代表する団体として、植物工場における技術や情報を取りまとめ、生産者のサポート及び事業化の推進を行い、国内外の植物工場産業の発展に尽力いたします。また、事業活動を通して地球上の限りある資源を大切にし、持続可能な社会の実現を目指し国際社会に貢献して参ります。

一般社団法人日本植物工場産業協会
代表理事 稲田信二

TOPへ戻る